初心者の覚え書き【宝塚】

ただの雑文

にわかによる宝塚ひとりごと。

情弱人間のチケット探し

私もそれなりに好きなバンドやアーティストがいましたし、時々ですが舞台を見に行ったりしていましたので、チケットの取り方くらいは人並みにわかります。

だいたいファンクラブの先行や劇場の先行抽選があって、その次にプレイガイドの先行抽選があり、最後に一般先着発売というのが一般的なところでしょうか?

 

さっそく公式のファンクラブがあるのかどうかを調べてみます。

※ここで言うファンクラブはひとつ前の記事の【会】ではなく、宝塚歌劇団としてのファンクラブのことを指します。

 

宝塚歌劇団のホームページを見ると、宝塚友の会というものがあるようです。

宝塚友の会 | 宝塚歌劇公式ホームページ

  

当然のように、チケットの先行販売がある。

宝塚友の会だけの先行販売

一般前売に先がけて、チケット会員先行販売を実施します。
ぜひ宝塚友の会会員ならではの特典をご利用ください。

宝塚大劇場東京宝塚劇場ではSS席から会員席をご準備。
・「抽選方式」および「先着順方式」にてチケットを販売。
・インターネット(パソコン・携帯電話)または電話からご利用可能。

 

これに入ればチケットを取りやすくなるのかしら?

入るべき? そりゃ入るべきだよねぇ。

いやいや、待てよ。にわかな私がいきなり入るのはいかがなものか?

ここは一度様子を見よう。

…とすぐにあきらめます。早い。

 

続いて各プレイガイドをいろいろ覗いてみる。

「宝塚」で検索。

今現在ちょうど受付しているものがなく「ええいっ、我がタイミングの悪さよっ」とふてくされる。

しかしいろいろ見てみると、e+が貸切公演なるものを開催することを知ります。

 

後に花組ポーの一族』のチケットを獲得するためにいろいろ調べて知るのですが、宝塚って企業が主催している「貸切公演」がけっこうあるんですよね。

そもそも私が初めて観た雪組も貸切の招待でしたし。

宝塚以外の舞台もこんな感じなんだろうか?

試しに次回の東京宝塚劇場宙組公演『天(そら)は赤い河のほとり』でカウントしてみると、全55公演中17公演が貸切公演でした。けっこう割合が高いような気が…。

  

あ、あくまで貸切公演は「貸切」なだけあって招待ではないので、当然チケット代のお支払いは必要となります。(言わなくてもわかるやつ)

 

 とりあえずe+の貸切公演の申し込みがそろそろありそうなので、標的をこれに定めます。その時の演目はこれでした。

宙組公演 『神々の土地』『クラシカル ビジュー』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

  

宙組さん。

そういえば宙組ができた当時、ニュースになっていたのをかすかに覚えています。ちゅうぐみ? あ、「そら」って読むのか、絶対読めんわ、とか思っていた若かりし頃。

 

『神々の土地』については公演解説もろくに読まなかったですし、当然宙組の方々のことも知らない。じゃあなぜこれを申し込んだのか?

ただタイミングが良かった。

あの素晴らしかった宝塚の舞台をもう一度観たかった私が、今唯一申し込めるのがこれだった。ただそれだけです。

 

そんなわけで私はe+の貸切公演を初めて申し込みました。

すごく良心的なのは、席のブロックを選んで申し込めること。

最近は他のチケットもこんな感じなのでしょうか?

それとも貸切公演だけがこのシステムなのでしょうか?

センターブロックの前の方、つまりSS席も申し込めます。

12,000円とお値段お高め。

 

いや、さすがにこんな場所は無理っす。

いきなりこんなお席は敷居が高すぎる…

にわかな私が恐れ多い!!

というか、そもそも当たらないよね!

 

ということで、第1希望に①S席の下手サブセン前方、②S席上手サブセン前方、③S席センターSSの後ろを選択しました。

 

f:id:nacky777:20180320133732j:plain

 

正直、S席全部選んでもよかったんですが、せっかく行くなら前の方で見たいし、ダメだったら次の機会にと思ったのです。

こんな欲張りな発想をしてしまうのは、一番最初に観たのが4列目だったのが災いしている気がする…

本来なら観られるだけでありがたいのに、罰当たりな私でごめんなさい。

 

それにしても東京宝塚劇場だけにかかわらず、なんで劇場のS席ってこんなに広いんですかね…

サブセン1列目と24列目って格差ありすぎ。

これで同じ8,800円とは…

でも後方でもセンターブロックの方が観やすそうではありますよね。

 

申し込みを終えて、あとは結果を待つだけ。

どうか当たりますように!と願いつつも、当落発表の日時を失念していた私。

 

忘れもしない暑い夏の盛り、とある蕎麦屋でのこと。

e+からのメールに書かれていた一文に、私は歓喜するのでした。

 

 

 

 

 

チケットがご用意できました。